勃起力 低下 原因

勃起力が低下する原因は?

 

シトルリンXL

勃起力が低下する根本的な原因は、男性ホルモン分泌量の低下にあります。

 

 

男性ホルモン分泌量の低下以外で勃起力が低下する原因として、

 

 

服用している薬が原因だったり、脊椎の損傷などにより脳からペニスへ勃起の命令が出せないなど、特殊な要因が存在するのも確かですが、

 

 

ここでは勃起力が低下する原因の大部分を占める、男性ホルモンの分泌量の低下に絞って話していきます。

 

 

男性ホルモンの分泌量は20代半ばまで極大化し、その後、個人差はありますが、徐々に分泌量が減っていきます。

 

 

それに伴って、血管にコレステロールがたまったり、体に脂肪がついたりする中年化によって、さらに男性ホルモンの分泌量が減っていくというスパイラルに陥ります。

 

 

ペニスの血管は、人間の体の中で一番細い血管であり、血管にコレステロールがたまるということはまず最初にペニスの血管の血流が悪くなることを意味します。

 

 

そのため、段々と勃起力が低下していくことになるのです。

 

 

関連ページ

勃起力アップのための方法

 

彼氏が2回戦できない理由とは?

 

彼氏が立たない原因は?

 

 

 

トップページへ